任意整理は家族に内緒でできるのか?

家族に知られずに任意整理したい

疑われる

 「任意整理」は、裁判所を介さずに、個人が任意で「債務整理」をしていくことになります。
 裁判所を介さないので、裁判所からの通知が届くこともありません。
 「任意整理」を弁護士や司法書士に依頼した場合には、交渉や手続はその人たちがあなたに代わってを進めてくれます。
 また、弁護士や司法書士を代理人として立てることにより、直接債務者本人に対して、貸金業者(債権者)が借金を請求することはなくなくりますので、取り立てもストップします。
 依頼した弁護士や司法書士との連絡は、携帯で取って行くことができますので、家族に知られることなく、債務整理を進めることも可能です。

 

 ですので、「任意整理」については、よっぽど悪質な業者からお金を借りてでもいない限りは、家族にバレずに行うことができるものと言えます。
 そういった意味で、借金というのは業者選びが大切で、お金を借りる際は慎重のうえに慎重になる必要があります。

 

任意整理は債務整理の中でも最も秘密に行える方法

 「特定調停」についても、申立てをしても特に裁判所から家族に連絡がいくことはありません。「特定調停」の場合も、申立てが裁判所に受理されたという受付票・受理証明書を債権者に送付することにより、債権者からの取立ては止まります。

 

 「民事再生」についても、裁判所から家族へ連絡が行くことはないようです。ですので、家族が別居の場合は、知られることはあまりないと言えます。ただし家族が同居の場合は、同居している家族の収入の証明書を、裁判所に提出する必要が出て来ることもあります。
 これは「自己破産」も同じで、債務や財産、収入のすべてを考慮した上で話合われる以上、現実は嫌でも家族に打ち明けざるをえなくなります。

 

 「特別調停」や「民事再生」、「自己破産」にしても、裁判所を介しての手続きになるので、裁判所からの書類は債務者本人宛に届くことになりますから、家族と同居している場合は、隠し通すことは難しくなります。

 

 この点は、「任意整理」を、弁護士や司法書士と携帯等で連絡を取り合って行える「任意整理」との大きな違いです。
 「任意整理」では、業者との和解が決裂し、裁判にでもならない限り、裁判所からの通知が届くこともありません。

 

 「任意整理」は、「債務整理」方法の中では、1番家族に知られずに処理できるものと言えます。

 

 どうしても家族に心配かけたくない、迷惑掛けずに処理したいと思うなら、債権者からの取り立てがひどくならないうちに、弁護士や司法書士に依頼し、「任意整理」を行うといいと言えます。